桜会会則・運営規則|ムンバイ日本人会ホームページ




トップページ  >>  桜会   >>  桜会会則・運営規則
ムンバイ日本人会婦人部 桜会会則
 
第1章 総則
(名称)
第1条    本会は、ムンバイ日本人会に属し、「ムンバイ日本人会婦人部(略称桜会)」と称し、英語名称は「Sakura-kai, Japanese Ladies’ Association of Mumbai」とする。
 
(目的)
第2条    本会は、会員相互の親睦を図ると同時に、日印両国の親善に寄与することを目的とする。
 
(活動)
第3条    本会は、前条の目的を達成するために、総領事館、日本人会及び本会の各種行事の参加協力並びに社会奉仕を行う。
 
(活動方針)
第4条    本会は、政治的、宗教的に中立であるものとし、営利を目的とした活動は行わないものとする。
 
(運営方針)
第5条    本会は、運営上支障が生じた場合には、随時日本人会理事会にはかり、調整せしめることとする。
 
第2章 会員
(会員)
第6条 本会は、ムンバイ日本人会所属の女性会員により構成される。
 
(入会・休退会)
第7条    本会への入会は、ムンバイ日本人会に入会した日をもって本会への入会とし、ムンバイ日本人会を退会した日をもって本会を退会したものとする。ただし、やむを得ず休会及び退会を希望する場合は、所定の届を本会に届出なければならない。
 
   第3章 役員
(名誉会長)
第8条 本会に名誉会長をおく。
    名誉会長には在ムンバイ日本国総領事夫人を推し、その了承を得るものとする。
 
(役員)
第9条 本会に次の役員をおく。
 会長       1名
 副会長      2名
 イベント担当     2名
 メール担当        1名
会計       1名
 
(役員の選出)
10条 役員の選出は、次により行う。
(1)    会員自ら立候補により選出する。
(2)    会員の居住地域別候補者名簿を作成し、各地域から定められた人数を入会順により選出する。ただし、以下の要件に該当する場合は、本人の申し出により候補者名簿より除外される。
  イ.第9条に定める役員の経験者
  ロ.日本人学校教諭及び現地採用常勤講師
  ハ.日本人学校保護者会会長及び副会長(次年度4月1日時点)
  ニ.フルタイムで仕事をされている方
  ホ.妊婦の方及び4歳未満の乳幼児(次年度4月1日時点)のいる方
  ヘ.日本語の読み書きに堪能ではない方
  ト.その他妥当と判断される場合
 
(役職の決定)
11条 第9条で定める役員の役職は、選出された次期役員で協議し、決定することとする。
 
(役員の任期)
12条 役員の任期は1年とし、再任を妨げない。役員に欠員を生じた際は速やかに繰上補充することとし、任期は前任者の残任期間とする。ただし、役員会議で役員補充の必要がないと認められた場合はこの限りでない。
 
第4章 会議
(会議の種類)
13条 本会の会議は、役員会議及び総会とする。
 
(役員会議)
14条 役員会議は、会長、副会長、イベント担当、メール担当、会計をもって構成し、会長が招集し、本会運営上必要な事項について審議決定する。
 
(総会)
15条 本総会は、定期総会及び臨時総会とする。
2 定期総会は、毎年2月に開催するものとし、会長が招集する。
3 臨時総会は、役員会議においてその必要を認めたとき、又は会員の3分の1以上の請求があったときこれを招集することができる。
 4 総会を招集しようとするときには、事前に議案を全会員に通知する。
 
(総会の議決事項)
16条 本総会は、次の事項を審議決定する。
(1)役員の選出
(2)活動報告及び決算報告
(3)その他本会運営に関する重要事項
 
(総会の決議)
17条 本総会は、会員の3分の1以上(書面表決書数、委任状数もこれに含めるものとする。)の出席で成立する。
2 その議決は、出席者の過半数(書面表決書数はこれに含め、委任状数はこれに含めないものとする。)をもって決し、可否同数の場合は会長が決する。
会員は、総会に出席できないとき、書面表決書を提出することができる。
 
   第5章 会計
(経費)
18条 本会の経費は、日本人会が交付する補助金及び必要に応じて各会員から徴収する
会費をもって充てる。
 
(会計年度)
19条 本会の会計年度は、毎年3月1日に始まり、翌年2月末日に終わる。
 
(予算及び決算)
20条 本会の予算及び決算は、定期総会に報告するものとする。
 
   第6章 会則の変更
(会則の変更)
21条 本会の会則は、総会で出席者の2分の1以上の同意を得なければ、これを変更す
ることができない。
 
   第7章 雑則
22条 この会則に定めるもののほか、本会の運営に関して必要な事項は、別に定めるこ
とができる。
 
 附 則
この会則は、平成26年度の臨時総会にて全部を改正し、平成26年111日から施行する。
 
 
 
ムンバイ日本人会婦人部 桜会運営規則
 
1章 総則
(名称及び目的)
第1条    この規則は、ムンバイ日本人会婦人部桜会会則(以下「会則」という。)第22条により、運営について必要な事項を定める。
 
2章 休会
(条件)
第2条    会則第7条より休会を希望する場合は、所定の届に必要事項を記入し、本会に届出なければならない。
 
(権利等の停止)
第3条    休会する会員は、次の権利が停止される。
(1)    会則第10条に定める被選挙権
(2)    会則第17条に定める議決権
(3)    本会が主催する会への参加
(4)    お知らせ等の受取
 
(復会)
第4条    本会への復会を希望する休会会員は、本会へ申し出なければならない。
休会会員が復会を希望する時は、本会へ申し出た後、復会することができる。
2 休会会員は、休会延長、休会期間中の復会を申し出ることができる。
3 第3条の諸権利は復会手続き終了後復活する。
 
第3章 退会
(条件)
第5条    会則第7条より退会を希望する場合は、所定の届に必要事項を記入し、本会に届出なければならない。
 
(再入会)
第6条    本会への再入会を希望する退会会員は、本会に申し出た後、再入会することができる。ただし、再入会日は最初の入会日まで遡った日とする。
 
第4章 役員選出
(立候補及び候補者選出方法)
第7条 次年度役員は、会則第10条に定めるとおり、立候補による候補者(以下「立候補
者」という。)からの選出で役員定数を満たすことができない場合のみ、居住地域別候補者名簿の入会順により、選出される。
 2 立候補者数が本会の役員定数(以下「役員定数」という。)を超す場合は、立候補者間で協議によって選出し、協議で解決できない時は、居住地域別候補者名簿の入会順により選出する。
3 立候補者数が役員定数を超えない場合で、立候補者を居住地域に帰属させた時、その立候補者数が地域役員定数を超す地域がある場合は、その他の地域のうち、地域役員定数に対して立候補者数が少ない地域から順に居住地域別候補者名簿により入会順に選出する。立候補者数の不足数が同数の場合には、居住地域別候補者数の多い地域から入会順に選出する。立候補者数の不足数及び居住地域別候補者数が同数の場合は、最も入会日の早い候補者より補充される。
 
(役員の欠員補充)
第8条 役員に欠員が生じた場合は、会則第12条で定めるとおり、その年度の居住地域別候補者名簿及びその年度の地域役員定数に基づき繰上補充する。またその役職の決定は、会則第9条に準ずる。
 立候補者数がその年度の地域役員定数を超えていた地域からの欠員が生じた場合、その年度の居住地域別候補者名簿に基づき、地域役員定数に対する不足数の多い地域から補充される。地域役員定数に対する不足数が同じ場合には、居住地域別候補者数の多い地域から補充される。地域役員定数に対する不足数及び居住地域別候補者数も同数の場合は、立候補者数が地域役員定数を超えなかった地域のうち最も入会日の早い候補者より補充される。
3 立候補者数がその年度の地域役員定数を超えていない地域からの欠員の場合、前任者の地域より繰上補充される。
 
(役員選出の運用)
第9条 次年度地域役員定数及び居住地域別候補者名簿等の役員選出の運用については、 毎年役員会議内で話し合われ、決定事項を会員に通知することとする。
 
第5章 雑則
10条 桜会運営規則の制定・改廃は役員会議において定める。
 
 附 則

この規則は、平成27年115日から施行する。